コトコト!

小学生になったコパンと一緒。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | -

ポール・メイエの ボレロ。

めちゃめちゃご無沙汰しております。 仕事は大変ですが、元気です!

来週、久しぶりに クラシックコンサートに 行く予定です。
演目は、東京佼成ウインドオーケストラ 「メイエの ボレロ」

指揮者の ポール・メイエ氏は、フランスのクラリネット奏者。
端正で やさしい顔立ちが すてきな方です。

ポール・メイエ


前回 コパンと行ったのは、メイエさん指揮の オイレンシュピーゲルでした。
その時は、舞台のすぐ 真横の席だったので
いつもは 後ろ姿の指揮者が、間近でお顔も見られて! さらに幸せでした。

ちょうど客席も 全部見渡せたのですが
小学生は コパンの他に もう一人くらいでした。
ファミリーコンサートで 鑑賞デビューしてから
いつも落ち着きがないのに、不思議と 音楽の時は
しっかり座っていられるので、ちょっと頼もしい感じがします。
私はこどもの時、もじもじして、座ってるの 苦手だったので・・・!

ずっとピアノを弾いていたので、コパンにも!と思っていましたが
実子に教える難しさで、暗礁に 乗り上げました。
音楽の楽しさを教える前に、厳しすぎちゃったようです。
ご多分にもれず、わが子への指導は、難しいですね。
(反省をふまえ、勉強を教えるのは なんとかキープ。)

音楽ってすてき。
私は、高校でクラシックギター部、そしてバンドを組んでいたので
密かに息子も何か 音楽に 関わってほしいなぁって。
聴くのは 大すきなようなので、今はそれでいいかな。

そして、このコンサートには、もう一つ楽しみが。
オットが 撮影担当なので、父親の仕事場拝見も 兼ねています。

また、芸劇 (東京芸術劇場) が リニューアルしたのも 楽しみです。

演目は、ボレロの他にも、魔法使いの弟子など 小学生でもわくわくできる構成です。

詳細は、東京佼成ウィンドの サイトへ → 


ハート
JUGEMテーマ:クラシック音楽


おんがく。 | permalink | comments(0)

ラフマニノフ → 髭男爵

ラフマニノフの ピアノ協奏曲第2番 を聴いていたら・・
第3楽章で、あららっ。 どこかで聴いたことのあるメロディ。
今オンエアされてる 「のだめカンタービレ巴里編」
主題歌 「スカイハイ Skyhigh」 だったのです。 わお。
原曲を 服部隆之氏がアレンジして、ゴスペラーズが 歌っています。

Sky High/セプテノーヴァ

あ、あと エンディングの フレンチポップな曲もすき。
こちらは、二人の かわいいお嬢さんの コラボ。
ヴァイオリンは 宮本笑里ちゃん。
パパさんが オーボエ奏者の 宮本文昭さんですね。
ボーカルは クレモンティーヌの娘 ソリータ solitaちゃん。
なんと14才! だそうですよ。

アニメの中で、毎回 髭男爵が 登場しているの ご存知ですか。
こーんな企画があるようですよ。 ルネッサーンス。

++ のだめの実写版は、映画になるのが 決まりましたね!
もちろん玉木&上野コンビ。 2010年のお正月映画だそうです。
来年の秋には、早くもアニメ版も 新シリーズになるみたい。
しばらく のだめブームは 続きそうですね。

JUGEMテーマ:音楽
おんがく。 | permalink | comments(4)

ファミリーコンサート行って来ました。

10/31 東京佼成ウインドオーケストラ
ファミリーコンサート行ってきました。
子連れファミリー + 音楽ファンの大人 + 吹奏楽部の学生さんたち
という お客さんに囲まれて、和やかな 一夜になりました。

ちゃんと聴けるか心配した コパンは、
楽器を見られる場所に座って、目でも 楽しんでいました。
びっくりしたのが、司会をしていた 小倉真澄さんが
てっきり司会のプロだと思ったら
オーケストラの団員の方だったこと。
全部ナレーションも覚えて 語りかけるなんてすごい!

そして、コパンは あちこちに出没して 写真を撮る
パパカメラマンの仕事姿に わくわくしていたようです。


コパン画。 右下にカメラもったパパがいます。

曲目は予定通りでした。
1部は よく知られている 軽快なクラシック。
2部は、こどもアニメ曲と 大人向けのポップス。

こどもは 知ってる曲がかかると 喜びますね。
コパンは ポニョやトトロを 一緒に口ずさんでいました。
私は、音のすごさを体感したくて、ちょっと物足りなかったので
アンコールで 「威風堂々」 がかかった時は 嬉しかったです。

よかったのは、剣の舞。
タイプライター。(本物のタイプライターを 打楽器奏者の方が熱演!)
ポニョは 劇中曲をはさんで、楽しいアレンジでした。
太王四神記は見てないのですが、壮大な感じがすきでした。

また行けるといいなぁ。 次の定期公演は、12/12。
オットの大好きな ダグラス・ボストック氏 指揮です!

JUGEMテーマ:音楽
おんがく。 | permalink | comments(2)

お知らせ!ファミリーコンサート

緊急告知です。 10/31(金)の夕方、東京普門館大ホールにて
東京佼成ウインドオーケストラの ファミリーコンサートがあります。
料金は無料です! 小学生以上であれば、どなたでも入場できます。

昨日の話では、まだ大分 席が残っているということなので
東京近郊の方は、聴きに来ませんか。
申込は 往復ハガキです。
現在は 電話予約受付中です。
締切 10/30 受付時間(9:00〜16:00)
電話 03-5341-1155


曲目予定
・「軽騎兵」序曲
・バレエ組曲「ガイーヌ」より剣の舞
・トリッチ・トラッチ・ポルカ
・組曲「惑星」より木星
・ドラゴンクエスト
・「となりのトトロ」よりさんぽ
・崖の上のポニョ
・ヤッターマン
・太王四神記
・カーペンターズ・フォーエバー他

詳しくは、東京佼成ウインドオーケストラにて!

コパンも申し込んでいます。 初コンサートになるかなっ。
パパの仕事姿が見られるか、ドキドキしています。

ちなみに ウインドは、最近 ブラバン甲子園で有名になっています。
最新作は、TVドラマの主題歌をいっぱい詰めた
「IN 吹奏楽 TVドラマ編」
篤姫や 華麗なる一族なんかが 入ってます。
メーテルとテツローが 吹いているジャケット、すきですねー。

IN 吹奏楽~TVドラマ編

JUGEMテーマ:音楽
おんがく。 | permalink | comments(2)

オブローのティル。

オットが撮影担当した CDが できあがってきました。
4/19発売です。 一足先に 視聴した感想を 書きます。

オブロー・クラリネットアンサンブル
オブローのティル

クラリネット8重奏の 第2弾 「オブローのティル」です。
ティルとは、ティル・オイレンシュピーゲルの略で
ドイツで いたずら者の意味だとか。
作曲者 R・シュトラウスの いたずら!?
技術的に 限界まで難しい曲 らしいのですよ。

ジャケットの絵は、前回と同じく コロボックルさん。
とってもかわいくて 雰囲気に合ってますね。
前作の 「魔法使いの弟子」 の 記事 → 

1. ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
   /R. シュトラウス /編曲:中村克己
2. タンゴ組曲
   /A. ピアソラ /編曲:かとうまさゆき
3. 絵のない絵本〜第12夜〜
   /樽屋雅徳
4. ブエノスアイレスの春
   /A. ピアソラ /編曲:かとうまさゆき
5. ギャロップ〜組曲「道化師」
   /D. カバレフスキー /編曲:中村克己
6. ジョイフル・クラリネッツ
   /真島俊夫
   1楽章 ノクターン〜2楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェ

前作の流れを 継承した 印象です。
やっぱり ピアソラのタンゴが めちゃめちゃ しっくりきます。
5曲目の ギャロップは、運動会で おなじみの曲。
走り出さなきゃ。 早く集合しなきゃって パブロフ犬になりそうですが
実は、ちょっと哀愁もあったり。 とても楽しめます。

*オット談
ブックレットの 曲目ページの 背景の写真は
録音の時、メンバーが飲んでた 名前入りの紙コップだそう。

4/18 川口リリア音楽ホールにて
コンサートがあります。 → 公式サイト

JUGEMテーマ:クラシック音楽
おんがく。 | permalink | comments(2)

鹿男 オーケストラ。

今回1番の お気に入りドラマ 「鹿男あをによし」
奈良が舞台の 摩訶不思議な ものがたり。
しか、きつね、ねずみの 使い番だの、運び番だの
とっても おかしくて どきどきします。
古くて モダンな校舎とか 下宿の雰囲気とか、とても はまってます。

出だしのナレーションが 中井貴一氏で 大河の香りがしたり
鹿の声が 山寺宏一氏だったり (百の声!)
玉木宏さんの あわてっぷりや
リチャード(児玉清氏)の ピンクのシャツ姿。
豪華なキャスト陣 みんな すきですねー。

もうすぐ最終回。 そして、このドラマの
わくわくするのが エンディング曲!
これが 頭から離れなくて、しかも
鹿が ドドドーっと 走ってくるようです。


サウンドトラック、とてもいいです。
上の ジャケットをクリックすると、全曲、視聴できますよ。
ドラマ曲が フルーケストラなんて、豪華!
作曲は 佐橋俊彦氏。 数々の曲を 作曲されていますが
今 有名なのは、「ちりとてちん」 でしょうか。

ふふ、私的な ちりとてちんとの共通点が
もう一つあって、それはキムラ緑子さん。
ちりとての時は 仏壇屋のモダンな服装の おばちゃんなのに
鹿男の時は 化粧っけなしの 体育の先生になってて
同じ人なのにーって 毎回楽しんでいます。
おんがく。 | permalink | comments(0)

魅力的な 指揮者。

オットが なにやら嬉しそうに PCを見ています。
仕事で 撮影している オーケストラの
首席客演指揮者のサイトが かっこよくリニューされて
夫が撮影した写真が Openingに 使われていました。
よかったら、のぞいてみて下さいね!

→ ダグラス・ボストック オフィシャルサイト Douglas Bostock
* 壮大な 音楽つき!

指揮者の中には、少しの音にも すごく敏感で
シャッター切ると 睨むような 神経質な方もいる一方
(もちろん 音消してても、ちいさーい音にも 気付いちゃうんですね。)
ボストック氏は、とても 気さくで すてきな方らしいです。
表情が豊かで、夫が撮ってくる 指揮者の中で、一番魅力的だなぁ。

1955年イギリス生まれ。
現在、チェコ室内フィル 首席客演指揮者
ミュンヘン響 常任指揮者など
日本でも 数々の客演をしています。
60枚以上リリースした CDのほとんどに 世界初録音作品が
含まれていることから 「初録音魔」 の異名をとっています。

もちろん 初演魔でもあるそうで、オケの方々も 大変でしょう。
来週、定期コンサートなので、ちょっと宣伝。

10月26日(金)19:00- 東京芸術劇場
指揮:ダグラス・ボストック 東京佼成ウィンドオーケストラ
日本を代表する作曲家の一人、
松下功の 飛天三部作、いよいよ完結です。
林英哲の ダイナミックな 和太鼓演奏にも ご注目ください。
詳しくは、TKWO サイトにて。


このCDの ジャケット写真も オットです。
すごい迫力で かっこいい音なんですよん。
おんがく。 | permalink | comments(2)

運動会で 鼓笛!

運動会、無事終わりました。
年長になると、いっぱい 出場種目があります。

お遊戯、障害物競走、組体操、パラバルーン、リレー。
去年より ちょこっと 走るの速くなったかな。
いっつもスタート切るの 最後だったけど、今年はがんばったね。

そして、幼稚園に入る前に 散々騒いでいた (昔の記事
あこがれの鼓笛隊。 うちの園にも ありましたー。

メロディオンの課題曲が できた順に
すきな楽器を選べるときいて、ママ先生始動しまして
無事(母が)あこがれの 小太鼓になれました。

ああ、一大イベントが終わっちゃって、あと半年で卒園かぁ。
幼稚園ってやっぱり かわいくていいなぁ・・・。 ぽつり。























おんがく。 | permalink | comments(4)

オブローの 魔法使いの弟子♪

クラリネットの八重奏というのを はじめて聴きました。
きれいな 高い音色ばかりではなく
バスクラリネットなんて 重みのある楽器もあって。

オブローの魔法使いの弟子
オブロー・クラリネットアンサンブル
オブローの魔法使いの弟子

まず1曲目は、ディズニーで有名な 「魔法使いの弟子」
ほうきがいっぱい歩いてくるのが 目に浮かんじゃいますね。
クラリネットのみで オーケストラの音を出すには
一人が10人分くらい 音符を吹かなくてはいけないみたい。
見事に、厚みのある演奏を 聴かせてくれます。

前半と後半では、ガラリと雰囲気が変わります。
前半は、アルゼンチン・タンゴをメインに
とても深みのある 大人っぽい感じ。
バンドネオンの音と同じように 色気もあって。

後半は、森の中に紛れ込んだよう。
ものがたりのように、コビトさんたちが 引っ越しをしたり
祭りで踊ったりしているような、イメージ。

1. 魔法使いの弟子 (デュカス)
2. カプリス(気まぐれ) (戸田顕)
3. ドゥ・ダン(二つの舞曲) (天野正道)
4. 天使の死 (ピアソラ)
5. フーガと神秘 (ピアソラ)
6. リベルタンゴ (ピアソラ)
7. 抒情小品集~トロルドハウゲンの婚礼の日 (グリーグ)
8. 抒情小品集~郷愁 (グリーグ)
9. 抒情小品集~小人の行進 (グリーグ)
10. 組曲「ガイーヌ」~バラの乙女たちの踊り (ハチャトゥリャン)
11. 組曲「ガイーヌ」~剣の舞(ハチャトゥリャン)
12. クラリネットポルカ (ポーランド民謡)

オブロー(Hobereaux)とは、フランス語で、小さな鷹の意味。
(他にも田舎紳士とか、没落貴族なんて訳もあるそう。)
4月にはコンサートの予定があります。 → 公式サイト
ジャケットデザインは コロボックルさん。
とても 楽しくなる 音楽です。
おんがく。 | permalink | comments(7)

のだめカンタービレCD!

「のだめオーケストラ」 LIVE!
思わず 購入しちゃいました
Disc2枚組で、1枚が オーケストラバージョン。
もう1枚は 器楽編で、ピアノや ヴァイオリンの ソロ中心。
二ノ宮氏の コミックの絵つきの 解説がついています。


ドラマを見ていると、聞いたことのある曲が
あちこちに 散りばめられていて、気になっちゃって。

るんるんと 聴いていたら
夫も るんるんと 帰ってきました。
夫は あるオーケストラの撮影の 仕事をしてるのですが
折しも、新作のCDができあがったと 嬉しそうに持ってました。
おおー、迫力ある音に 圧倒されます。

千秋くんが 魅せる指揮について 悩んでいましたが
やはり、魅力的な指揮者だと
何枚でも シャッターを 押したくなるらしいです。

公式HPの #specialで、劇中で 使われた曲名が わかりますよー。
あと、Photo Gallery 楽しいです。
特に 11/24upの ミルヒー。 薔薇しょってる・・・。
では、曲の感想は、つづきにて。
続きを読む >>
おんがく。 | permalink | comments(4)
| 1/1PAGES |


↑ おもちゃと まなび
キッズルームのサイト
コトコト*ボックス
横浜・鎌倉 photo!

kinaco

ベルメゾンネット

FELISSIMO フェリシモ Love。
 - - - - - - - - - - -



マスキングテープの会。

RECOMMEND
金子みすゞ (日本語を味わう名詩入門)
金子みすゞ (日本語を味わう名詩入門) (JUGEMレビュー »)

「こだまでしょうか」収録。
みすずさんの言葉には
いつの時代も救いがあります。
RECOMMEND
MOE (モエ) 2009年 08月号 [雑誌]
MOE (モエ) 2009年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

旅先に絵本美術館が
あると立ち寄ります。
1日中いたいな。
ピーターラビット資料館
載っています。
ベルメゾンネット


アンジェ かわいいショップ!

お気に入り。
・ ベルメゾンネット
・ 楽天市場
 - - - - - - - - - - -
・ アンジェ 雑貨
・ peewee 雑貨
・ りとるまみい
・ Lili et Nene 雑貨
・ 木こりのおもちゃ箱
・ リーメント ぷち
・ プチ・バトー 洋服
 - - - - - - - - - - -
・ パルシステム
・ 大地を守る会


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

お気に入り雑誌
 ・ カメラ日和
 ・ 女子カメラ
 ・ クウネル
 ・ 天然生活
 ・ 雑貨カタログ
こども雑誌
 ・ edu
 ・ 日経kids+
 ・ MOE

PROFILE


7歳の男の子コパンと
そのママ、コトン。
夫は 弱小カメラマン。
コパンは小学1年生。

→ かんたん相互リンク集
* リンク募集中です。
こどもBlogと合わない時、お断りさせていただく場合があります。

RECENT COMMENTS
食品宅配2つ利用中です。


大地を守る会
有機野菜と信頼できる品。
スモークレバーおいしい。

生協のパルシステム
ミルクとたまごは いつも
パルシステムで。
お米・ビール頼ってます。


OTHERS
みんなのブログポータル JUGEM
ブログ内の文章、写真などの 無断使用、転載、複製は ご遠慮下さい。
with Ajax Amazon